本年もお世話になりました

2015/12/29

2015年も残すところあとわずかになりました。

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

千里リワークセンターは、本年9月をもちまして2周年を迎えることができました。

今年は1年目の取り組みを振り返り、少しずつではありますが、新しいプログラムや試みを進めていくことができました。

来年も、当センターをご利用される方々はもちろん、企業や地域の方々に対しましても、少しでもサービスの向上を図るよう努力する所存です。より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

 

なお、影山メンタルクリニック及び千里リワークセンターの年末年始のお休みは下記の通りです。

12月30日(水)~1月3日(日)

 

年末ご多忙の折ではございますが、お体にお気をつけて良き年をお迎えください。

 

医療法人碧江会 影山メンタルクリニック 千里リワークセンター

センター長 伊東武志

 

================================

医療法人碧江会 影山メンタルクリニック
千里リワークセンター http://src.hekikokai.or.jp/

第23回日本産業ストレス学会に参加してきました

2015/12/24

こんにちは。スタッフの渋川です。

12月11日(金)、京都で開催された日本産業ストレス学会に参加してきました。

 

医療・企業関係の先生方をはじめ、多くの発表があり、大変興味深く拝聴しました。

2015年12月から“ストレスチェック制度”が義務化され、職場におけるメンタルヘルス対策は一層活発に、また、多岐に渡ってきている様子がわかりました。

 

医療機関や企業関係など様々な立場におけるメンタルヘルス対策について知ることができ医療リワーク施設として、一リワークスタッフとして出来ること、やるべきことを改めて考える貴重な機会になりました。

 

================================
医療法人碧江会 影山メンタルクリニック
千里リワークセンター http://src.hekikokai.or.jp/

就労支援についての講義をしてきました

2015/12/11

こんにちは。院長の影山です。

 

もう12月も半分近くが過ぎ、世間は日に日に年末の気配が濃くなってきました。

テレビで今年は暖冬になりそうだとの予報を目にしましたが、実際最近でも昼間は

暖かい日が多く、過ごしやすいですね。

 

さて私は去る12月5日に、エル・おおさかで行われた「作ってみよう!ネットワーク 

障害者就労支援セミナー」という会に講師として参加してきました。これはNPO法人

大阪精神障害者就労支援ネットワークの主催による、就労支援機関のスタッフの技術

向上を目的とした講座でした。病院、就労移行支援事業所、支援学校などから多数の

スタッフが参加し、熱気のある雰囲気のなかでお話しさせていただきました。

 

私は就労支援に必要な精神医学的な知識について簡単にお話ししたのですが、朝から

ずっと続く講義で疲れておられるであろうところ、夕方の私の講義も皆さん大変熱心に

聴いておられ、質疑応答もしっかりとしていただきました。

 

就労支援、復職支援のいずれも、支援の内容は違っても、しっかりと利用者さんを支える

スタッフの力量とやる気があってこそのものであると、私は常々考えています。今回のような、

施設スタッフの熱意や意気込みを感じられる場所で講義をさせていただくと、私自身も

エネルギーをもらえるような気がします。また質疑応答などは今後私が当院での支援の

あり方を考えるヒントになることもあり、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

写真は、本文とは関係ありませんがよみうり文化センター跡地の工事現場です。旧建物の

解体も終わり、ずいぶんすっきりとした見た目になりました。来年にはまた少しずつ新しい

建物ができていくのでしょう。

 

20151205.jpg

健康講座 食事(減塩)

2015/12/02

こんにちは。千里リワークセンターの伊藤です。

今年も残すところ1ヶ月となりました。 今回は、当センターで実施した健康講座についてご紹介します。

 

当センターで実施している健康講座は、睡眠、食事、運動の3つですが、今回は健康寿命をのばそうという主旨で食事についてみんなで一緒に考えていきました。

 

始めに、各自で血圧、体重を測定し、その数値に基づいて適正体重、BMI、1日に必要なエネルギー量を求めて、その後、減塩に関する記事を読みました。それらを参考にして、ご自身の生活習慣を振り返りながら意見交換を行いました。その中で、塩分の取り過ぎに注意しようという意見が多く挙がりました。最後に、健康川柳を書いて、シェアをしました。

 

この講座を通して、生活習慣病の予防のために自身の食生活を見直し、長く食生活を楽しめるように今から減塩を心がける必要性を感じました。

しかし、いきなり減塩生活を送ることは難しいので、まずは自分がどのくらいの塩分を摂取しているのかをモニタリングしていくことから始めていこうと思います。

 

 

 

減塩ブログeditededited.jpg


================================
医療法人碧江会 影山メンタルクリニック
千里リワークセンター http://src.hekikokai.or.jp/

  • | 1 |

ページTOPへ