影山メンタルクリニックでは、メンタルヘルスにおける課題を持った方に対し、心身両面からの支援を提供させて頂きます。

医療法人碧江会影山メンタルクリニック

復職支援

復職支援とは

精神的な不調をきたして休職している人が、よりスムーズに復職し、さらには復職した後も元気に仕事を続けられるための全体的なサポートのことを指します。具体的には、休職診断書の作成、薬による疾患の治療、休職中の生活指導、復職の時期や復職してからの仕事の仕方についての相談などです。必要があれば職場に対する病状の説明や職場産業医との情報交換も行います。また、復職してからも、無事に仕事が出来ているか、何か問題が起こっていないかなどのフォローアップを一定期間継続的に行うことも、復職支援の一環と言えます。

休職・復職におけるポイント

1. 休職は「ただ仕事を休んで休養する」ということでは  ありません

休職は、ただ休めばよいというものではなく、休んでいる間に、休職の原因となった様々な要素を調整する必要があります。また休職期間が中盤以降を過ぎ、ご本人の病状が回復してくれば、生活リズムを整える、あるいはしっかりと身体を使って体力を回復する、などリハビリテーション的、トレーニング的な要素が含まれてきます。休職にはそれらのことをこなした上で、積極的に「復職しても大丈夫な状態」を作っていくという目的があります。当院では単に休職の診断や復職可能の診断を下すだけではなく、休職中の生活やトレーニングのありかたの指導、復職に向けて必要なコーディネートや復職後のフォローアップまで行います。

2. 復職の可能性を見極めるには

休職や治療により、メンタルヘルス不調が回復しても、「普通の日常生活が送れる」という回復度合いと、「職場復帰ができる」という回復度合いはかなり異なります。それは、仕事をするということには日常生活では経験しないストレス(通勤や長時間拘束されることによる疲労、対人的なストレス、仕事上のトラブルなどの突発的状況による心理的動揺など)が数多く存在することによります。しかし休職と療養の生活の中で、職場で受けるストレスを経験することは極めて困難ですから、日常生活が普通に送れている患者さんであっても、職場復帰ができるかどうかという見極めは難しいものです。当院では日常生活が安定して送れるようになってからも復職を急がず、豊富な復職支援の経験から、しっかりと病状や回復状況を見極めた上で、慎重に復職可能の判断を下しています。

3. 復職後、再度休職することを避けるために

また、たとえ職場復帰が果たせるほど回復したとしても、職場に戻ってから過度の仕事をこなし、強いストレスを感じたとすれば、再びメンタルヘルス不調を起こし、再度休職に至ることもありえます。再度の休職を避け、無事に仕事を続けていただくためには、ただ復職可能の判断をするだけではなく、場合によってはご本人の現状に適した仕事量や仕事内容、ポジションなどを調整する必要があります。また時には、ご本人の仕事に対する姿勢や考え方に、仕事がうまくいきにくくなる要因が含まれていることもあります。そのような場合には、その要因を患者さんご自身に見直してもらうことにより、復職後よりスムーズに仕事をこなしてもらうことが可能になります。当院ではそのような、ご本人の心理的要因にも配慮し、復職のあり方を相談しています。

  • さまざまな症状でお悩みの方、まずはご相談ください。
  • 精神科専門医がしっかりと診療を行います。

ページTOPへ