影山メンタルクリニックでは、メンタルヘルスにおける課題を持った方に対し、心身両面からの支援を提供させて頂きます。

医療法人碧江会影山メンタルクリニック

自立支援医療制度について

1. 自立支援医療ってどんな制度?

自立支援医療制度(精神通院医療)」とは、継続的に精神科への通院治療を必要とする方のための、通院医療費を軽減する(医療費の一部を公費で負担する)制度です。

2. どんな人が受けられる制度?

なんらかの精神疾患により、通院による治療を継続的に行う必要がある方が対象です。なんらかの精神疾患とは、統合失調症、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、不安障害、認知症、てんかんなどを指します。

3. 制度を受けるメリットは?

上記のような疾患に対する診察や投薬にかかる費用、薬の費用などの負担が軽減されることにより、精神科通院による経済的負担が軽くなり、通院治療を継続していただきやすくなります。

4. 制度を利用するにはどうすればいい?

具体的な申請の方法については、診察の際主治医におたずねください。

5. 制度を利用するうえで注意することは?

  • 上記のような精神疾患にかかっている人が制度の対象となりますが、これらの病名がついた方のすべてが制度を利用できるわけではありません。これらの病気にかかっており、かつ継続的な治療が必要であると自治体が判断した場合に、制度が利用できます。申請していただいてもこれらの条件を満たしていると認められなければ、制度が利用できないことがあります。
  • 入院治療や、精神疾患・精神障害と関係の無い疾患の治療にかかる費用に対しては、自立支援医療制度は適用されません。例えば、当院で風邪の薬や湿布などを処方された場合、それらの薬の費用は制度の対象外となり、一般的な健康保険では三割負担となります。
  • 自立支援医療制度を利用するにあたっては、通院先の病院と、処方を受ける薬局などを決め、その病院、薬局などを登録する必要があります。

ページTOPへ