影山メンタルクリニックでは、メンタルヘルスにおける課題を持った方に対し、心身両面からの支援を提供させて頂きます。

医療法人碧江会影山メンタルクリニック

こんな症状でお悩みの方へ

  • 睡眠がとらなくなった
  • 記憶力が悪くなったような気がする
  • 身体的な症状があるが、異常なしと言われた
  • 気分の波が大きくなった
  • 元気がなくなった
  • こだわりが強くなってきた

睡眠がとれなくなった

寝つきが悪くなり、眠るのに一時間以上かかる。夜中に何度も目が覚める。朝起きても疲れが取れていない感じがする。

アドバイス

睡眠の障害は、もちろん単純な不眠症である場合もありますが、その反面さまざまな病気の一症状として現れることがあるため、注意が必要です。また、睡眠障害に対して薬を使用する場合にも、精神科、心療内科など専門の診療科を受診し、診断と処方を受けられることをお勧めします。

<考えられる病名>

  • うつ病
  • 統合失調症
  • 適応障害
  • 双極性障害

記憶力が悪くなったような気がする

物忘れが増えたような気がする。うっかりすることが多い。仕事で普段しないようなミスをしてしまった。

アドバイス

物忘れは、認知症など加齢による脳の機能の衰えによっても起こりますが、年齢が若い人にも起こり得ます。その場合は、ストレスによる一時的な脳の機能の低下などの可能性も考える必要があります。

<考えられる病名>

  • 認知症
  • うつ病
  • 適応障害

身体的な症状があるが、異常なしと言われた

頭痛や吐き気、突然の動悸や息苦しさを感じ、内科や救急外来を受診したが、色々調べても特に異常はないと告げられた。

アドバイス

自分では驚くほど激しい身体的な症状を感じて内科や救急などを受診しても、診察や検査で異常なしと言われることがあります。そういう場合には、ストレスによる症状である可能性を考える必要があります。また、これらの症状が特定の場面(電車に乗る、人前で話すなど)で起こる場合には、パニック障害や社交不安障害などを疑うことも必要です。

<考えられる病名>

  • パニック障害
  • 社交不安障害
  • うつ病
  • 適応障害

気分の波が大きくなった

以前は気にならなかったようなことでイライラする、感情の起伏が抑えられない、家族や他人とのトラブルが増えた。

アドバイス

本来の自分とはかけ離れた感情の動きや怒りっぽさ、感情の起伏に翻弄されるなどの症状は、様々な病気でみられる情緒不安定と呼ばれるものです。病気を特定して適切な治療を行うことにより、元の落ち着いた精神状態を取り戻すことができる可能性があります。

<考えられる病名>

  • うつ病
  • 双極性障害

元気がなくなった

気分が落ち込み、何をする気にもなれない、自分に自信が持てない、仕事に行けない。

アドバイス

やる気のなさや気分の落ち込みは、うつ病など気分障害の代表的な症状です。しかしそれが病的なものなのか、一時的な気分の低下なのかは、診察を受けて見分ける必要があります。また、例えば会社に行こうという気持はあるのに出勤できないなどの症状も、意欲の低下として注意を要する症状です。

<考えられる病名>

  • うつ病
  • 社交不安障害
  • 適応障害

こだわりが強くなってきた

鍵がきちんと閉まっているか、火の元は大丈夫かなどという心配が消えず、何度も確認してしまう、物の配置や並び方に強くこだわってしまう。

アドバイス

物の順序や自分の行動に対するこだわりが強くなったり、鍵や火の元の確認が頻繁になってきた場合、単なる心配症ではなく、不安障害の一つである強迫性障害が疑われます。他にも、気持の切り替えが難しくなることはうつ病などでもみられ、また物に対するこだわりが強くなる症状は統合失調症などにもみられることがあり、注意が必要です。

<考えられる病名>

  • 統合失調症
  • 強迫性障害
  • うつ病
  • さまざまな症状でお悩みの方、まずはご相談ください。
  • 精神科専門医がしっかりと診療を行います。

ページTOPへ